スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドクリフを見てきました。

2008年11月19日 19:14

先日の日曜日、映画、レッドクリフを見てきました。
弱冠ネタバレするかもしれないんで見る予定がある方はスルーで。



三国志が大好きなオレw
ツレをを無理矢理連れて見に行ってきましたw

感想としては、「まぁこういう三国志もありかな」っていうのが正直なとこですw
三国志ってのはもう1800年も前のことの話なので、いろんなフィクションができてるわけですよ。それのひとつだと思って見るとこれはこれでおもしろいなぁ・・・とw

気になったのは、

  • 小橋目立ちすぎ感が否めない
  • 劉備が普通のオッサンにしか見えず、カリスマ性が見て取れない
  • 孔明のすごさ(明晰さ)があんまり見えない

こんなとこかなぁ。
赤壁の戦いって、80万の曹操軍に、6万弱の連合軍が挑む戦いで、
幾重にも張り巡らされた計略がこの戦いの鍵なのに、なんだか戦闘シーン
がちょっと目立ちすぎてたかなぁと思うな。

もう最初の趙雲なんてかっこよすぎてやばかった。
「趙雲TUEEEEEE!!」な映画でもいいんじゃね?ってくらいw
あと張飛と関羽がそれっぽすぎて吹いたwwwww

あ、あと中村獅童も出演してたんだけど、「甘興」っていう架空の役でした。
なんで架空の役にする必要があったのかなーっていうのが不思議www
「甘寧」でよかったんじゃないかと・・・
そんで腰に鈴でもつけてりゃ印象に残りやすいだろうし、「鈴の甘寧」ってことで
名前も覚えやすいんで?って感じでしたね。


まぁあれです。
この映画、三国志を全然知らない人が見ると、顔と名前を覚えようとしている間に映画が終わる可能性が高いかもですwww
現にオレの横で見てたツレは( ゚д゚)ポカーンってなってましたwww

ただひとついえるのは、金城武のかっこよさは異常・・・ということですかねw

ま、PART2に期待ですね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://simplekei.blog102.fc2.com/tb.php/63-1ecd5527
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。